ハーグ条約について

子供がいる場合に国際離婚する際にはハーグ条約というものが関わってきます。こちらは国際的な取り決めのことです。国際結婚が増えたことによって、たとえば離婚後にパートナーの了承を得ないで子供を連れ去ってしまうという事件が増えました。このようなケースに対応するためにハーグ条約というものが誕生して、日本は2014年に締結しています。

子供ハーグ条約に締結する前の日本では、日本から子供が外国に連れ去られてしまった場合には、自力で子供の居場所を探して、裁判所に対して返還請求しなければいけませんでした。また、外国で日本人が暮らしているときに、自分の子供を連れて一時帰国したくても認めてもらえないというケースがあったのです。ハーグ条約に締結することによって、締結国同士が協力をするようになり、より問題をスムーズに解決できるようになりました。

ただし、ハーグ条約があることによって発生するトラブルもあります。それは外国で国際結婚をして、日本人女性が子供を連れ帰ろうとしても、外国の裁判所で帰国が認めてもらえないことがあるのです。ハーグ条約では子供は元の居住国に返還することを原則としているのです。この場合、外国で暮らしている日本人にとっては不利となるでしょう。住んでいる国の裁判所に認めてもらう必要があるのです。