弁護士に相談する

国際離婚をする際にはスムーズに問題を解決するために弁護士に依頼をするべきです。場合によっては相手の国の裁判所ともやり取りをしなければいけないこともあります。そのため、国際離婚について実績のある弁護士に頼むべきでしょう。

弁護士相手が外国人の場合だとその国の法律が適用されるケースがあり、この場合は海外の法律に熟知している必要があります。普通の日本人はそもそも日本の法律のことさえよく理解していないことが多いでしょう。外国の法律も関わる問題になってしまうと、普通の人には対応できません。そこで外国の法律にも詳しい弁護士に依頼をしましょう。また、日本でしか仕事をしたことのない弁護士だったとしても、きちんと海外の法律に対応できる方もいます

相手国で離婚手続きをしなければいけない場合もあります。子供の国籍の問題や親権の問題が生じることもあります。このようなことについても、弁護士はきちんと対応してくれるでしょう。

早い段階で弁護士に相談をしておくことによって、トラブルを未然に防ぐことができるでしょう。国際離婚についてきちんと理解している弁護士を探してみましょう。そのような弁護士は日本にたくさんいます。無料相談できるところが多いため、まずは話を聞いてもらいましょう。

ハーグ条約について

子供がいる場合に国際離婚する際にはハーグ条約というものが関わってきます。こちらは国際的な取り決めのことです。国際結婚が増えたことによって、たとえば離婚後にパートナーの了承を得ないで子供を連れ去ってしまうという事件が増えました。このようなケースに対応するためにハーグ条約というものが誕生して、日本は2014年に締結しています。

子供ハーグ条約に締結する前の日本では、日本から子供が外国に連れ去られてしまった場合には、自力で子供の居場所を探して、裁判所に対して返還請求しなければいけませんでした。また、外国で日本人が暮らしているときに、自分の子供を連れて一時帰国したくても認めてもらえないというケースがあったのです。ハーグ条約に締結することによって、締結国同士が協力をするようになり、より問題をスムーズに解決できるようになりました。

ただし、ハーグ条約があることによって発生するトラブルもあります。それは外国で国際結婚をして、日本人女性が子供を連れ帰ろうとしても、外国の裁判所で帰国が認めてもらえないことがあるのです。ハーグ条約では子供は元の居住国に返還することを原則としているのです。この場合、外国で暮らしている日本人にとっては不利となるでしょう。住んでいる国の裁判所に認めてもらう必要があるのです。

国の法律の違い

国際離婚をする際のトラブルの1つとして、法律の問題があります。日本人同士の離婚の場合は、どちらも日本の法律が適用されるため、この点についてややこしい点はないでしょう。しかし、国際離婚の場合は相手の国の法律のことをきちんと理解しなければいけないのです。

男女たとえば夫婦の片方が日本人であり日本に本拠地を置いている場合は日本の法律が適用されて離婚をすることができます。しかし、外国人配偶者の方が帰国してしまっている場合には、その国の法律の問題が関わるのです。そのため、日本の法律では離婚が成立したとしても、配偶者の国の法律では離婚が成立しないというケースもあります。相手が日本に住んでいるのであれば、日本の法律が適用されるのですが、帰国している場合には話がスムーズに進まなくなってしまうでしょう

最終的には帰国した相手の国で裁判をしなければ問題が解決できなくなることもあるのです。この場合は弁護士に依頼することになるでしょう。現地の弁護士に相談をするか、国際弁護士に相談をすると良いでしょう。日本国内ですべての話が進められる場合と比べるとかなり難しくて面倒な問題に発展してしまうのです。国際離婚が上手くできないのはこのような理由があるからです。

国際離婚とは

日本人が国際結婚をするケースが増えています。国際結婚というのは国籍の異なる人同士が結婚をするということです。たとえば、日本人と外国人が結婚をして、日本で生活をするというパターンがあるでしょう。あるいは日本人の方が外国へ行って、そこで暮らすというケースもあります。グローバル社会となっており、世界中の人がかつてないほどに交流できるような時代となりました。日本を訪れる外国人もたくさんいます。このような時代となっているため、国際結婚がどんどん行われているのです。

話し合いしかし、国際結婚が増えるということは、逆にいえば国際離婚も増えるということになります。そもそも日本人同士の結婚も上手くいかないことが多いのです。国際結婚となればなおさら上手くいかないことがたくさんあります。そのため、国際離婚をするという選択をする方もどんどん増えているのです。

それでは日本人同士が離婚をするのと国際結婚をしたカップルが離婚をするのは何か違いがあるのでしょうか。国際離婚の場合は他にはないトラブルが発生する可能性があるのです。そのため、事前にさまざまな準備をしておいたり、トラブルを回避するための行動に出るべきでしょう。弁護士に相談をすることも必要となるかもしれません。

こちらではそんな国際離婚の際に生じてしまうかもしれないトラブルについて説明しましょう。これから国際離婚をしたいと考えている方は参考にしてください。知っておくべきことを教えましょう。