国の法律の違い

国際離婚をする際のトラブルの1つとして、法律の問題があります。日本人同士の離婚の場合は、どちらも日本の法律が適用されるため、この点についてややこしい点はないでしょう。しかし、国際離婚の場合は相手の国の法律のことをきちんと理解しなければいけないのです。

男女たとえば夫婦の片方が日本人であり日本に本拠地を置いている場合は日本の法律が適用されて離婚をすることができます。しかし、外国人配偶者の方が帰国してしまっている場合には、その国の法律の問題が関わるのです。そのため、日本の法律では離婚が成立したとしても、配偶者の国の法律では離婚が成立しないというケースもあります。相手が日本に住んでいるのであれば、日本の法律が適用されるのですが、帰国している場合には話がスムーズに進まなくなってしまうでしょう

最終的には帰国した相手の国で裁判をしなければ問題が解決できなくなることもあるのです。この場合は弁護士に依頼することになるでしょう。現地の弁護士に相談をするか、国際弁護士に相談をすると良いでしょう。日本国内ですべての話が進められる場合と比べるとかなり難しくて面倒な問題に発展してしまうのです。国際離婚が上手くできないのはこのような理由があるからです。